月別アーカイブ: 2016年7月

渋谷道玄坂ビル内装解体

皆様、ティダのkenmun です。

今日は渋谷の道玄坂にある古いビルの

立体駐車場のスロープを解体する工事にやってまいりました。

私の担当は、主に廃材の仕分けと3tダンプカーへの積み込み作業

そして運転です。色んなことやってます。

R_IMG_2341

東神田防振工事

皆さま、こんにちは、ティダのKenmunです。

今回は東神田にある、ホテル建設現場での防振工事風景です。ティダが行っているのが白い部分です。

床面50mm 壁面25mm厚のミラブロックを張り込みます。

今更ですが、世の中にはその業界専門の色んなものが沢山あるんですね。

余談ですが、日差しが強いときは材料が反射してまるでレフ版状態になるので、こんがりキツネ色に日焼けしますよ、  ヒサロ行かなくてもいいですね、( ´艸`)

最初に捨コンがうたれていますので、全体に材料を敷きこんでいきます。

R_IMG_1189

R_IMG_1192防振材が張り込まれたら

またその上から、コンクリート屋さんがコンクリートを流していきます。

 

 

 

 

基礎が起ちあがって来たら、

最後は外壁の防振施工を行い終了しました。

R_IMG_1239

部分的にNaoss

気が付けばもう~~~~~~~7月、今年ももう半分終わりかぁ~はやいっ‼

多くの皆さんがおなじ台詞を呟いていることと察します。

お変わりございませんか~ 毎度、ティダのkenmunです。

きょうはナオステックのフローリング施工後、年月が経ち、何処のご家庭でも

多少はフローリングが傷ついたりすることがあると思うのですが、、、、、、,

そこは大丈夫、ティダにおまかせください、

なんだか、安い通販のセリフのようですみません( ´艸`)

きょうのタイトル、部分的にNaossと題しまして一席打ってみたいと思います。(落語かっ‼)

さて、この床材の素晴らしいところは「いつでも部分交換が出来る」ということです。

では、早速ですがその交換作業を見て頂きたいと思います。

1・まず、交換したい板を継ぎ目の内側で丸鋸でカットし

1・ノミ等でさねの部分を慎重に剥がします。

R_IMG_1743R_IMG_1751

 

 

2・下地の接着剤を除去

R_IMG_1757

 

3・新しい板の収まりを確認

 

 

完成です。お客様にも十分満足して頂けるのではないかと、、、、、、、

R_IMG_1763
接着剤を塗布後、一定の時間を置き板を敷設してバッチリ完成です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナオステックの

フローリング施工後、年月が経ち何処のご家庭でも多少はフローリングに

傷がついたりすることがあると思うのですが、、、、、、

そこは大丈夫、ティダにおまかせください、

なんか、安い通販のセリフのようですみません( ´艸`)

この床材はいつでも部分交換が出来るのでその交換作業を見て頂きたいと思います。

1・交換する板を継ぎ目の内側で丸鋸でカットし、

ノミ等でさねの部分を慎重に剥がします。                   2・下地の古い接着剤をしっかり除去

R_IMG_1743R_IMG_1751

3・仮で嵌めてみて収まり具合を確認すべし

R_IMG_1757

 

 

 

 

 

浦和市の線路沿いのマンション建設現場・防振工事にやってきました

皆様、こんにちは、ティダのkenmunです、、

ここのところ梅雨らしい天候が続いて、湿気がすごいです。

体調を崩さないようにお気を付けください。

今日、我々ティダは浦和市の某マンション建設現場で、基礎部分の防振材を床面と壁面に施工して行きます。

防振の材料もいろいろあるのですが、今回の現場は50mm厚のミラブロックを使用します。

見た目でいえば、曲げても割れない密度の詰まった発砲スチロールという感じですね、

元請け会社の監督より、現場図面をもとに施工個所の指示を確認して、ひたすら加工しては張り、加工して張りをひたすら黙々と続けます。

アリさんの気持ちが少し分かりました。

4名で5日間の作業でした。

IMG_2198IMG_2197

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

防振工事にやってまいりました。

 

匂いがするぞ!   (多摩区のリフォームなら 株式会社ティダ)

昨日は、建物の解体のお話があり、現場にいきました。

築4~50年は経っているでしょうか。

何か出そうな雰囲気のある、二階建ての木造建築物。

部屋の中を見てびっくり!

小さなフィギュアや未開封のままのプラモデルがぎっしり!

匂うぞ!

この世界に疎いのですが、きっとこの中には

「お宝」が紛れ込んでいるはず。

R_IMGP6698